【Minecraft】UHCを作ろう!#1

始める前に

以下のことが最低限できるものとする

・サーバー構築、プラグイン導入

・Javaの基本的な構文

・EclipseなどのIDEでプラグインを作成できる

 

UHC とは 「Ultra Hardcore Champion」の略である。

ゲーム説明

大手サーバーでは最大70人。装備を揃えて戦うゲーム。

満腹ゲージによる自動再生はなく、金リンゴを食べる、敵を倒したときに落とす頭を使う、回復系ポーションの使用などを使用しないと一切回復が行えないのが、このゲーム最大の特徴である。

ゲームの流れ

・ゲーム開始。ランダムな場所にスポーンする。

・10分後 PVPが許可され、敵にダメージを与えることができる。

・残り15人になると、デスマッチまで10分になる。

・10分後 全員一定の場所にテレポート。残り一人になると試合終了。デスマッチが始まって15分経過した場合はキル数が最多のプレイヤーの勝ちとなる(最多同数のプレイヤーがいた場合はDraw)。

UHCの使用(Wikiより参照)

  • 満腹ゲージが一定以上の場合でも体力が自然回復しない。回復するには金リンゴ、ポーション、プレイヤーの頭などが必要。
  • 金リンゴの回復する量が通常の2倍(4♡+衝撃吸収2♡)
  • プレイヤーを倒すと頭(Head)をドロップする。その頭を右クリックすることでチームの全員が再生エフェクトで3♡回復できる。(Soloでは4♡)
  • 即時回復のポーションの回復量が異なる。(Ⅰ:4♥、Ⅱ:8♥)
  • 毒のスプラッシュポーションの効果時間が異なる。(Ⅰ:33秒、Ⅱ:5秒)
  • 力のポーションの効果は通常の62%に弱体化されている。
  • 移動速度上昇の効果量が変更されている。(Ⅰ:+20%、Ⅱ:+30%、Ⅲ:+45%)
  • ガストの涙を使って再生のポーションは醸造することはできない。
  • プレイヤーのHPが40(20♡)。
  • 最初の準備期間は、全てのプレイヤーに火炎耐性の効果がついている。
  • 通常より満腹度の減りがかなり少ない。
  • ワールドボーダーがある。Teamだと+-1500,Soloだと+-1000からPvPが有効になると徐々に狭くなっていく。
    • ワールドボーダーの外にいると窒息しているかのようにダメージを受ける
  • ワールドの真ん中周辺 (X.0 Z.0から直径約100m)が開けた土地になっている。
  • 海洋バイオームが存在しない(サバンナバイオームになる)。
  • 常に昼である(デスマッチ会場は夜にもなり、MOBが湧く)。
  • 砂利を壊したときに25%で火打石をドロップする(通常とは確率が違う)。
  • MOBがドロップするアイテムが多少異なる。これについては後述。
  • MOBからの経験値が通常の2倍。
  • ハサミでヒツジの毛を刈ると33%の確率で糸を1本ドロップする。
  • 子供の馬は砂糖を上げると大人に成長する
  • ネザーでは、ネザー要塞以外でもブレイズがスポーンする。(バグで通常世界のモブが沸くことがある)
  • 通常とは違う様々な特殊レシピがある。コインを使ってショップで解放できる。
  • きらめくスイカの作り方が異なる。スイカを中央に、金インゴットを上下左右に1個ずつ計4つ置いてクラフトする。 画像
  • Teamモードでは、ゲームが始まる前の待機時間に /team invite (プレイヤー名)で他のプレイヤーをチームに誘い、/team accept (プレイヤー名)で自分を招待したプレイヤーのチームに参加できる。
  • Tabキーを押すとプレイヤー一覧と、各自のHPが表示されるが、そこには金ハート分のHPが加算されている。
    • 弓、釣り竿などを敵に当てた際にHPが表示されるが、それには金ハートは加算されてないので注意)。
  • 糸を使って弓を金床で修理できる。レベルは使用しない。
  • エンチャントテーブルでは幸運のエンチャントが付与されない。
  • 鉱石の生成量が増加している。
  • xray対策のため、鉱石はプレイヤーが一定距離内に入ると表示される。
    • 鉱石が表示されているのに、破壊しても鉱石がドロップしないバグが時々起きる。

これ以上の詳細な説明は以下のWikiを参照してもらいたい。

Wiki

サーバー準備

パート1から早速作っていこうと思う。

だがそのためには、初めにサーバーを用意しなければならない。

今回はSPIGOTの 1.8.8を使用する。

プラグイン開発はSPIGOT(Bukkit)ベースなのでBukkit派生であればなんでもかまわない(例えばPaper)

 

さて、サーバー(API)の準備ができたところで、プラグインを作っていこう。

EclipseなどのIDEを立ち上げてプロジェクトを作成して、ビルドパスにAPIを通そう。

次にメインとなるクラスを作成しよう。

今回は「Game」というクラスを作成した。

中身は何もない。

この「Game」というクラスがプラグインの基準というか、中心となる。なるべく完結に綺麗にコードをまとめて見やすくする努力をしよう。

onEnable と onDisable を作成する。

「static Game Instance;」を作成して、onEnable ないに 「Instance = this;」 

onDisable ないに 「Instance = null」を追記。

onDisable は必須ではないが、Javaの性質上 static で定義した変数は必ずメモリを解放してあげてください。

プログラムが終了するまでメモリを解放されず、確保したままになってしまいます。

次のパートではイベントリスナーを実装します。

投稿者:

kemasama

SPサーバー管理人のkemaです。 管理運営を担当しています。 プログラミングもします。 PVP初心者です。

コメントを残す