ffmpeg による動画の圧縮処理

今回、とあるウェブサービスを実装するにあたり動画を圧縮する必要が出てきた。

圧縮すると画質は劣化するけど、容量を抑えるためには必須だよね。

 

それで

・サーバー上で実行できること

・コマンドラインで実行できること

・情報が豊富であること

の3拍子揃ったFFMPEGを使うことにした。

使い方はとってもシンプルだった。

mp4 から webm への変換は

$ ffmpeg -i input.mp4 output.webm

これだけ少し待てば output.webm が生成される。

容量はテスト動画だと2分の1になった。

画質は少し文字が見にくくなっている(ぼやけてる)

人によっては嫌う。

 

この処理をバックグラウンドで非同期に行うには

$ nohup ffmpeg -i input.mp4 output.webm > /dev/null &

でOK

> /dev/null はログを捨てていて

& で非同期にさせている

 

投稿者:

kemasama

SPサーバー管理人のkemaです。 管理運営を担当しています。 プログラミングもします。 PVP初心者です。

コメントを残す